急性膵炎

当日の朝ゴハンまでは普通に食べていたそうです。

 

それから暫らくして、急に具合が悪くなり嘔吐や激しい下痢と腹痛がみられたとのこと。

 

血液検査、腹部レントゲン検査、腹部エコー検査を実施すると「急性膵炎」の可能性が高そうです。

 

膵臓は、胃から十二指腸にかけて隣接する臓器です。

 

膵液と呼ばれる消化酵素を分泌する外分泌部と、インスリンなどのホルモンを分泌する内分泌部に分けられます。

 

膵炎では、膵臓が自ら作り出す膵液によって自己消化されて、炎症を起こす病気です。

 

とくに急性膵炎では、激しい腹痛を伴い、ワンちゃんは背中を丸めてお腹を抱えるような姿勢や、後肢を立てたまま胸と前肢を床につけて「祈るような姿勢」をとったりすることもあります。

 

さまざまな原因により、本来は腸管内に分泌されることで活性化するはずの膵液が膵臓内で活性化してしまい、膵臓組織自体を消化してしまうために炎症がおきるのです。

 

<膵炎発症の危険因子>

・高脂肪食

・無分別な食事

・薬剤

・品種(ミニチュア・シュナウザー、ヨークシャー・テリア、テリア種、トイ・プードル、コッカー・スパニエル)

・内分泌疾患(副腎皮質機能亢進症、糖尿病、甲状腺機能低下症)

・肥満

 

<症状>

中年から老年の肥満犬で、雌に多発する傾向がある。

・激しい腹痛

・元気消失、食欲消失

・激しい嘔吐や下痢(ときには血が混じることも)

・発熱

さらに症状が進むと、ショックや腎不全、多臓器不全症候群などの重篤な合併症が引き起こされて、死亡することもあるのです。

 

<診断>

急性の臨床症状と腹部疼痛、一般的な血液検査、腹部レントゲン検査、腹部エコー検査、特殊血液検査(膵特異的リパーゼなど)等を実施し、総合的に判断します。

 

<治療>

急性膵炎では早期の治療開始が重症化を防ぎ、その基本は膵臓の安静化と積極的な内科支持療法です。

輸液治療により、喪失された体液の補給や膵臓への灌流を増やす。

鎮痛剤による疼痛管理や、嘔吐が認められた場合には、制吐剤を投与する。

また重症の場合には、血漿輸血やヘパリンの投与も考慮する。

そして腹痛や嘔吐が治まれば、少量の飲水や流動状の低脂肪食から与え始めます。

 

 

日頃から栄養バランスの良い食事をとり、適度な運動を行うことで肥満予防に努めることが大切ですね!

image4224[1].gif

▲このページのトップに戻る