猫の肥満細胞腫

〜猫の肥満細胞腫〜

 

 

肥満細胞腫とは、肥満細胞という体の至るところに存在する免疫に関与する細胞が腫瘍となる病気です。

 

 

発生率:猫の皮膚腫瘍の中で2番目に多い腫瘍です。

 

発症年齢:中高齢の猫に多く発症する傾向。(平均8〜10歳)

 

発生部位「皮膚型」皮膚とくに頭頸部に好発する。

     「内蔵型」脾臓・肝臓・腸管などに発生する。

    「皮膚型」は比較的予後良好な腫瘍が多く「内蔵型」では、全身症状を伴い悪性度が高く転移しやすい。

 

 

治療:肥満細胞腫の悪性度や部位、転移の有無などにより異なります。

  • 外科療法(腫瘍周辺の正常組織を含めて外科的に摘出)
  • 化学療法(抗がん剤やステロイド剤の投与)
  • 放射線療法

 

 

予防:発症自体を予防することは難しく、早期発見・早期治療が重要。

   定期的な健診や日頃からのスキンシップを心がけ、異常が見られた場合には早めに動物病院へご相談ください。

 

  

                                     cat_tonkinese[1].png

▲このページのトップに戻る