潜在精巣

1歳になる元気いっぱいな男の子のワンちゃん。

 

 

 

 

右側の精巣が、正常な陰嚢内にありません。

 

 

 

 

精巣は、出生後に腹腔内から鼠径を通って陰嚢内に下降します。

 

 

 

 

 

精巣が陰嚢内に下降せず、途中で止まってしまい停留している状態です。

 

 

 

 

 

潜在精巣は、正常な精巣に比べて将来に腫瘍化する可能性が高くなります。

 

 

 

 

 

そこで去勢手術を実施して、左右の精巣を摘出することに

 

 

 

 

 

 

今回のワンちゃんは、右側の皮下に確認されました。

 

 

 

 

 

 

 

摘出した精巣です。

 

 

 

 

c.jpg

 

 

 

 

 

 

 

小さいほうが、停留していた精巣。

 

 

 

 

 

手術も無事に終了、当日の退院となりました。

 

▲このページのトップに戻る