マイクロチップ

  〜マイクロチップとは〜

大切なペットの身元を証明できる、個体識別用チップです。

チップには固有のID番号が書き込まれており、これを(リーダー)で読み取ることにより、確実に個体を識別することができます。
ISO(国際標準化機構)の規格を採用していますので、世界で1つだけのID番号となります。

 

<こんな場合にマイクロチップは役立ちます> 

 ・大切なペットが迷子になってしまった場合に

 ・海外渡航時のパスポートとして

 ・もしもの災害や盗難という時も

 ・体温測定機能がついたマイクロチップも…

  〜マイクロチップは〜

直径2mm、全長11〜13.5mmと小さく、また体にやさしい素材を使用しているそうです。

外側は生体適合ガラスで覆われており、現在までにペットに多数処置されてきましたが、これまで腫瘍形成、発がん性などの異常反応は報告されていません。
北欧諸国、フランス、シンガポール、台湾など、犬の登録にマイクロチップを義務化している国もあることから安全性は非常に高いともいえます。

 

 〜どのように埋め込むの?〜

埋め込みは専用のインジェクターで行い、ほんの数秒で完了します。痛みも予防注射と同じ程度で、ペットが嫌がったり痛みを訴えたりすることは、ほとんどないそうです。

当院では、ワンちゃん・ネコちゃんの挿入によるストレスを最小限にするため、少量の局所麻酔を用いてから挿入しております。

 

  〜耐久性は、どのくらい?〜

マイクロチップは1度の埋め込みで生涯を通して有効です。

少なくとも30年程度は耐用出来るよう設計されているそうです。

鑑札や名札のように脱落する心配もなく、いつでも確実に、ペットの身元を証明してあげることができます。 

 

マイクロチップ写真縮.jpg   ライフチップリーダー写真縮.jpg

 

挿入後、当院からAIPO(どうぶつIDデータ登録受付機関)に登録用紙を送付。
1か月ほどで登録が完了いたします。

マイクロチップ挿入費用 6000円(データ登録費用1000円を含む)。
なお登録の際に必要となるため、来院時に印鑑をお持ち下さい。

ご希望の方は、お電話にてご予約ください。

                                   TEL:044-948-5462

▲このページのトップに戻る