甲状腺機能亢進症

2011.8.20

 

   甲状腺機能亢進症は、甲状腺ホルモンの過剰によって引き起こされる病気です。

 

ワンちゃんと比較してネコちゃんでの発生率が高く、老齢猫で最も多くみられる内分泌疾患です。

 

         高齢なネコ猫ちゃんが、急に元気になったら注意が必要ですexclamation

 

〜症状〜

 

     ・食欲が増すグッド(上向き矢印)にもかかわらず、体重が落ちるバッド(下向き矢印)

     ・動きが活発ダッシュ(走り出すさま)になり、眼つきがギラギラする

     ・飼い主の方にまとわりつく

     ・落ち着きがなく、時に攻撃的な性格ちっ(怒った顔)になる

     ・毛づやが悪く、脱毛もみられる

     ・水をよく飲み、尿の量が増える

     ・嘔吐下痢をする

 

そして病態が進行してくると、今度は逆に食欲や活動性が低下し、心臓をはじめ様々な臓器に影響を及ぼします。

 

〜原因〜

甲状腺の腺腫様過形成が生じて、甲状腺ホルモンが過剰に分泌される。

また、甲状腺腫瘍によって発症する場合もあります。

 

〜診断〜

 臨床症状から病気を疑い、血液検査病院で血液中の甲状腺ホルモンの増加を検出して診断します。

 

〜治療〜

 内科療法と外科療法があります。

 

<内科療法>

甲状腺ホルモンを抑制する薬を投与する治療法です。

投薬を止めるとまた症状が出てくるので、一生与え続けなければなりません。

また、副作用として食欲不振や嘔吐などがみられることもあります。

症状が悪化して、心臓肥大がある場合には手術ができません。

 

<外科療法>

外科手術により、大きくなった甲状腺を切除する方法です。

治療効果は高いが、高齢のネコちゃんが多いことや、この病気による心臓疾患のため麻酔のリスクがあります。

 

〜予防〜

      甲状腺機能亢進症には、有効な予防法はありません。

    元気だし、食事もモリモリ食べるので、どうしても発見が遅れがちになりやすいのです。

      中高齢のネコちゃんで上記のような症状が見られたら、早めに動物病院で診察を受けましょうexclamation×2

 

 

▲このページのトップに戻る