猫の回虫症

お家の近くで保護されたそうです。

 

生後2か月くらいの子猫ちゃん。ワクチン接種のために来院されました。

 

お顔もキレイで、元気に鳴いています。

 

特に痩せているわけでもないのですが、いわゆる太鼓腹。

 

お腹がプックリと膨れています。

 

念のために検便を勧めると、

 

 回虫1-1.jpg

 

 

顕微鏡の倍率をあげてみます。

 

 

 回虫2-1.jpg

 

 

これは、回虫の卵です。

 

回虫とは、消化管内寄生虫のうちで最も一般的に知られている寄生虫ですね。

 

駆虫薬を投与することで治療できます。

 

ただし、回虫症も「ズーノーシス」の1つです。

 

ワンちゃんやネコちゃんの寄生虫が人間に感染すると、様々な病害を引き起こすことがあります。

 

これをズーノーシス(人獣共通感染症)といいます。

 

幼児での感染例では、まれに視力障害などの重い症状を引き起こすケースが報告されています。

 

ズーノーシスに対しては、ワンちゃんやネコちゃんに定期的な駆虫薬を投与することで、リスクを減らすことができます。

 

人も動物たちも大切な家族の健康のために、ワンちゃんネコちゃんの「定期駆虫」をお勧めします。                     

                                                       

                                                       2012/07/06

▲このページのトップに戻る