胸腔内腫瘍

13歳と高齢なワンちゃんです。

 

他院にて慢性心不全として治療を受けていたそうなのですが、夕方から急に呼吸がおかしくグッタリしているとのことで来院されました。

 

まずは肺水腫などを疑いましたが、開口呼吸や可視粘膜の蒼白などの症状はみられません。

 

聴診をすると右側胸腔では異常ないものの、左側では心音が微かにしか聴こえません。

 

そこで慎重にレントゲン検査を実施すると、

 

 

 胸マス1-2.jpg

 

心臓の左側に、ほぼ心臓と同じくらいの大きさの腫瘤が見つかりました。

 

さらに検査を進めるのであれば、生検やCT検査を実施して、腫瘤の鑑別や手術適応かどうかの判断などを行う必要があります。

 

今回は、飼い主様の御希望から更なる検査などは実施せず、今後のワンちゃんのQOLを向上させていくことを目的とした治療を継続することとなりました。

 

 

ワンちゃんやネコちゃんの胸腔内腫瘍における問題点として、発見された段階では既に高齢で、かなり進行しているケースが多いため手術などの積極的治療ができない場合が多いのです。

 

やはりシニア年齢を迎えたならば、病気の早期発見・早期治療のためにも定期的な健康診断をお勧めします。

▲このページのトップに戻る