フィラリア予防

   犬のフィラリア症は、正しく投薬すれば、確実に予防できる病気です。


実際、多くのペットオーナーさんにその必要性が浸透したおかげで、
フィラリア症で命を落とすワンちゃんは近年、少なくなってきています。

でも、フィラリア症という病気そのものについて、また、その予防方法について正しくご存知ですか?

フィラリア症とは、犬の体内にイヌフィラリア(犬糸状虫)が入りこみ、成長した虫が最後の場所(心臓や肺の動脈)に住みついた結果、さまざまな形で犬の体調を悪くする病気です。この状態を「フィラリアに感染した」といいます。イヌフィラリアは、蚊によって運ばれ、広がっていきます。

犬の体内に入った感染幼虫は皮膚の下(筋肉や脂肪の周りなど)で生活しながら、最終寄生場所に移動できる準備を整えます。その準備期間に約2ヶ月は必要とされています。 準備ができた幼虫は、血管を通って、心臓や肺の血管に移動していきます。

完全に成熟したフィラリアは、長さ15〜30cm程度の“そうめん”みたいな形をしています。
多くの成虫はひっそりと暮らしていますが、長い時間を経て、肺の血管や心臓の内面を傷つけていきます。
その結果、体中に血液を送り出す心臓や肺の働きが邪魔されてしまい、「乾いた咳をする」、「運動をいやがる」などの軽い症状から、腎臓や肝臓の働きまで影響が出ることで、より深刻な症状がみられるようになってきます。

フィラリア症の予防のポイントは、2つあります。

 始めるタイミング……蚊が飛ぶようになってから1ヶ月後

 終えるタイミング………蚊がいなくなってから1ヵ月後

フィラリア予防薬には、ノミの薬のように首の後ろなどに滴下するスポットタイプ(塗布薬)や、注射薬等がありますが、最もよく使用されているのは「内服薬」です。 子犬あくび.jpg

病気が進行したときの症状

・慢性的な咳

・元気がなくなり散歩を嫌がったりする

・激しい運動ができなくなる

・全身のうっ血状態を起因とした主要臓器の機能不全

・腹水がたまる

・運動時などに失神する

フィラリアが寄生してから「予防薬」を投与したら・・・    

血管内にミクロフィラリアがいた場合、予防薬の影響によって、これらが死滅することがあります。その結果、急激な異物が血管内に産生されるため、犬の体内で激しいアレルギー反応が起こることがあります。

フィラリアイラスト3.jpg 

     

▲このページのトップに戻る