乾性角結膜炎(KCS、ドライアイ)

何らかの原因で涙が少なくなってしまい、眼の表面が乾いたように見え、角膜炎や結膜炎を引き起こし、ネバっとした目ヤニの付着や結膜の充血などが主な症状として見られます。

 

 

ny1.jpg

 

 

 涙の働きは、ヒトも動物たちも一緒で

 

  • 血管の無い組織である角膜へ酸素や栄養を届ける
  • 角膜表面を潤すことで、角膜の乾燥を防ぐ
  • 細菌などの侵入を防ぐ
  • 角膜や結膜に付着したゴミやホコリを洗い流す

 

などがあり

 

 

その涙液の分泌量が減ってしまうと、角膜や結膜の炎症を引き起こしてしまうのです。

 

 

ドライアイの原因としては

 

  • 免疫介在性(犬のKCSの原因として最も多いとされている)
  • 慢性眼瞼結膜炎
  • 先天性涙腺低形成
  • 神経原性
  • 感染症
  • 外傷などがあり

 

 

臨床症状としては

 

  • 粘ついた目ヤニの付着
  • 眼瞼の痙攣
  • 結膜の充血や浮腫
  • 眼瞼への乾燥した分泌物の付着
  • 角膜潰瘍
  • 角膜血管新生
  • 角膜の光沢低下、色素沈着、乾燥

 

などがあげらます。

 

 

ドライアイは涙の分泌量が減少する病気なので、診断は主に涙の量を調べます。

涙の分泌量を調べる試験紙を「シルマー試験紙」といい

 

 

ny2.jpg

 

 

この試験紙を下瞼にひっかけて、涙がしみ込む量で測定をします。

 

 

 

ドライアイの治療では

 

  • 涙液分泌の促進、涙液の補充、感染のコントロール、抗炎症療法を目的としてヒアルロン酸点眼液や人工涙液、免疫抑制剤の眼軟膏などを用いますが、完治することは非常に難しく、継続して点眼を行う必要もあるのです。

 

 

最近、眼の輝きが落ちたかな?目ヤニが多くなった?目が充血しているなどの症状がみられたときには、ドライアイの可能性も考えられますので一度ご相談ください。

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る